RJSP Home  |  お問合せ  |  リンク  |  ポスター  |  広告取扱規則
head_mark 論文一覧 head_mark 投稿規定 head_mark 論文投稿 head_mark 編集委員会 head_mark 発刊の目的 head_mark 学会大会 head_mark SPERC head_mark JSP学会 head_mark 入会・変更手続き
発行:日本スポーツパフォーマンス学会 (Japan Society of Sports Performance Research) Online Edition: ISSN 2187-1787 
   
  updated 2017/6/21  
  スポーツパフォーマンス研究は,
  主要履歴
 

Editorial記事の掲載について
Editorial

SP学会員の皆さまへ

本誌はじめてのEditorial(特集)記事を配信いたします。これについて以下に少し経緯を説明します。

『スポーツパフォーマンス研究』は、本学会の初代会長である福永が、鹿屋体育大学の学長であった2009年に、体育・スポーツ界における実践研究の振興を目的として創刊したものです。また福永は2016年に、実践研究のできる研究者を養成するために、筑波大学と連携して共同専攻の博士課程を立ち上げました。

いずれも一定の成果を上げてきましたが、両者の核心となる実践研究論文の執筆と査読をよりスムーズに進めることが、今後の重要な課題として浮かび上がってきました。そこで、実践研究の論文の書き方に関するテキストを作ろうと考え、まず少数のメンバーでそのたたき台を作ってみることにしました。

本記事は、共同専攻で使用するためのテキストの形となっています。しかし内容的には、本誌における投稿と査読にも直接的に関係するので、編集委員会の合意を得てほぼそのままの形で掲載させて頂くことにしました。初めて作成したたたき台ですので、今後は改訂したり、著者も増やしていきたいと考えています。

今後は、一般の投稿論文の掲載とあわせて、このようなEditorial記事の掲載にも取り組んでいこうと考えておりますので、あわせてご意見をお寄せ頂けると幸いです。

編集委員長


最近掲載の論文要旨
1659 女子プロ野球選手における投球時の手指動作がボール速度およびボール回転数におよぼす影響
水谷未来(鹿屋体育大学),鈴木智晴(鹿屋体育大学),藤井雅文(鹿屋体育大学),杉浦綾(日本女子プロ野球リーグ),松尾彰文(鹿屋体育大学),前田明(鹿屋体育大学),福永哲夫(鹿屋体育大学)

本研究の目的は,女子プロ野球選手を対象に,投球時の手指動作がボール速度およびボール回転数におよぼす影響について明らかにすることである.被検者は女子プロ野球投手4名であった.被検者は18.44m先の捕手に向かって全力投球を10球行った.投球動作およびボールの速度と回転数を,モーションキャプチャシステムおよびドップラーレーダー式ボールトラッキングシステムを用いて,それぞれ計測した.その結果,身体各部位の投球方向への最大速度は,肘,手首,指先の順に高くなる傾向を示し,ボールリリース時点では,指先の動作とボール速度がほぼ同じ値を示した.以上の結果は,指先の速度がボール速度を決定する重要な要因であることを示唆している.更に,ボール速度が高い選手の特徴として,手首と指先の最大速度出現時間に顕著な差がみられた事があげられた.また,ボール回転数が高い選手の特徴として,リリース直前の指節間関節の掌屈角度が大きく,かつその角速度が高いことが観察された.

Influence of finger motions during pitching on ball speed and ball spin rate in female professional baseball players
The present study examined effects of female professional baseball players’ finger motions during pitching on the velocity and spin rate of the ball. Four female professional baseball players pitched to a catcher who was 18.44 m away. Their pitching motions and the velocity of the balls were tracked by an optical motion-capture system. Ball spin was measured by a Doppler radar tracking system. The results showed that the maximum velocity of each part of the body in the pitching direction had a tendency to increase in order of elbow, wrist, and fingertips, and that, at the point of ball release, the velocity of the fingertips and the ball was almost the same. These results suggest that the velocity of the fingertips is an important factor in determining the speed of the ball. Furthermore, those players who made high-speed pitches showed a marked difference in the time of appearance of the maximum speed between the wrist and the fingertips. In addition, those players whose pitched balls had high spin rates had a high flexion angle of the finger joints immediately before release, and the angular velocity was high.
1702 メンコ遊びの成績上位者における動作の特徴 - 上達のための指導ポイント
田中亮匡(帝京平成大学), 砂川憲彦(帝京平成大学), 伊藤博一(帝京平成大学)

本研究では,男子大学生を対象に,メンコ遊びの成績上位者における動作の特徴をハイスピードカメラ1台での2次元動作分析によって明らかにし,メンコ遊び上達のための指導ポイントに関する基礎資料を作成することを目的とした.
その結果,@相手のメンコに近づいて構える,A大きなステップ幅で構える,B踏込脚の膝関節を大きく伸展させながら投げる,Cより低い位置でメンコをリリースする,Dリリースポイントの真下付近にメンコを投射する,ことがメンコ遊びの成績上位者における動作の5大特徴であることがわかり,上達のための重要な指導ポイントであると考えられた.また,体操マットと市販のゴム製コースターを使用した場合では,70km/h程度のメンコ初速度があれば相手のメンコを十分にひっくり返せるものと考えられた.さらに,「構え」に関する分析項目は,多くの分析項目との間に有意な相関関係がみられたことから,「正しく構える」ことがメンコ遊び上達のために重要であると考えられた.

Features of motion of menko experts: coaching points for improvement
The present study aimed to create basic materials for coaching menko (a Japanese card game) based on a two-dimensional motion analysis of the actions of male university students who were experts at menko, as recorded with a high-speed camera.
The analysis revealed five features of the menko experts’ actions that were considered to be important points for coaching: (a) standing close to the opponent’s menko, (b) standing with the feet spread wide apart, (c) using the knee extensor when throwing the menko, (d) releasing the menko from a lower position, and (e) throwing the menko just under the releasing point. When using a gym mat and a commercially available rubber coaster, throwing menko at an initial velocity of 70 km/h was enough to flip over the opponent’s menko. Further, because the analysis of the items relating to the experts’ standing posture showed significant correlations with the other items analyzed, the results suggest that a proper standing posture may be important for the improvement of performance in menko.
1630 投球側の肘関節屈曲制限が投球動作改善に与える効果‐体幹の捻転に注目して
小澤奈央(Missouri State University),藤田英二(鹿屋体育大学)

投球動作は,重心の移動や身体の捻りによって生じたエネルギーを各関節の運動連鎖を介して増強し,最終的にボールへ伝達する全身運動であるとされている.しかし,未熟練者では強く投げようと意識するあまり,肘関節を過度に屈曲し,肘関節の屈曲-伸展動作を強調したような投球側の上肢に頼った投げ方(手投げ)をする選手が多い.その要因の1つとして,投球動作において体幹の捻転がうまく使えていないことがあげられる.本研究では,投球動作において手投げを呈する中学生男子野球部員1名を対象に,投球側の肘関節に対して屈曲制限をかけることにより,手投げができないようにしたキャッチボールでのトレーニング介入が,体幹の捻転動作の習得に有効であるかを検討した.結果,介入後で骨盤および肩峰ラインにおける体幹の総回旋角度が増加し,肩峰ラインの回旋角速度も増加するとともに,最大角速度の出現のタイミングがボールリリースの直前となった.さらに,前述の変化に伴って球速も約10%増加した.以上の結果から,投球側の肘関節屈曲制限によるキャッチボールは,投球動作における体幹の捻転および望ましい動作タイミングの習得に有効であることが示唆された.

Improving the pitching motion by controlling the bend of the elbow with rotation of the trunk
Pitching is a gross movement in which the energy generated by a shift in weight and rotation of the body increases through a chain motion in each joint, and is eventually transmitted to the ball. However, beginners tend to be too concerned about throwing the ball strongly, which can result in an excessive bend of their elbow and a throwing motion that depends on their upper arm, emphasizing the bending-extending motion of the elbow (hand throw). One cause of this is not incorporating the rotation of the trunk in the throwing motion. The present study examined effects of an intervention that involved training in catching balls, in which the bend of the pitching arm elbow was controlled. The participant was a male junior high school baseball player. After the intervention, the angle of rotation of his trunk increased in the pelvis and shoulders, the rotating angular velocity of his shoulders increased, and the maximum angular velocity came to appear immediately before the release of the ball. In association with those changes, the ball speed increased by 10%. These results suggest that the training on catching balls that included control of the angle of the elbow of the pitching arm may have been effective for acquiring the rotation of his trunk and a more desirable timing of his throwing motion.
1656 バレーボールゲームにおけるコーチング事例に関する研究 - 目標を設定したゲームの結果と内容についての検討
箕輪憲吾(上尾中央医科グループ)

本研究は,バレーボールにおいて具体的な目標を設定して臨んだゲームの結果と内容について検討,考察を行い,バレーボール指導の資料を得ることを目的として行った.対象は,Aチームが2014年度のV・サマーリーグ決勝大会の中で「X選手のスパイク決定率を50%未満に抑えること」という目標を設定して臨んだBチームとのゲームであった.X選手はミドルブロッカーであり,そのスパイクの特徴は片足踏切による「ワンレッグ攻撃」のスピードが速い上に,その種類が多いことであった.
主な結果は以下の通りである.
1)AチームはX選手のスパイク決定率を37.5%に抑え,設定した目標は達成していたが,ゲームの敗戦とともにその内容を検討した結果,チームの課題が明らかになった.
2)目標を設定して臨んだゲームについて重要なことは,結果を評価することだけではなく,そのゲーム内容を検討することによってその後のコーチング活用することである.
3)相手の「ワンレッグ攻撃」のスピードや種類の多さにもよるが,チームとしては「ワンレッグ攻撃に対しては1人のブロックとディフェンスによる対応として,他の選手の攻撃への対応を重視する戦術」についても検討する必要があると考えられた.
4)目標を設定したゲーム内容の検討することによって指導者自身の課題が明確になる場合があり,それはその後のコーチングにおける重要な価値があると考えられた.
5)勝つためにはゲームにおける選手の対応力が必要であり,その能力を発揮するためには練習における準備が重要であると考えられた.

A case study of coaching in volleyball: Consideration of the results and contents of a match that used team goal setting
The purposes of the present study were to examine the results and contents of an actual match that incorporated team goal setting and to develop knowledge useful for coaching volleyball. The game that was analyzed was the V・Summer league 2014 final match, in which Team A competed against Team B. Team A had a team goal of holding the kill ratio of player X in Team B below 50%. Player X was a middle blocker who used a variety of attacking and high speed slide spikes.
The main findings were as follows:
1) The kill ratio of player X was 37.5%, thus, the team goal of Team A seemed to be achieved. However, the team’s goal was not actually successfully achieved, because Team A lost the match. As a result, another issue was identified.
2) The importance of team goal setting was not only to enable an evaluation of the results, but also to utilize the results for future coaching based on the match contents.
3) That depended upon what variety of slide spikes were used, and how fast the opponents’ slide spikes were. A team strategy had to be considered in which one player would block and defend, and priority would be given to other players’ attacking.
4) Thus, the present consideration of the results and contents of a match with team goal setting enabled clarification of future issues for coaching and had an important value for future coaching.
5) The players’ skill in adjusting during matches is necessary for winning matches, and preparation in team practice is important for demonstrating players’ ability to adjust.
1635 野球内野手における「体幹が突っ込む」ゴロ捕球動作の改善を目的としたトレーニングの効果
小倉圭(筑波大学),奈良隆章(筑波大学),小野寺和也(筑波大学)

大学生内野手であるA選手は,内野ゴロの捕球時において,捕球時に軸足股関節を十分に屈曲させることができず軸足下腿が大きく前傾する動作となっており,捕球直前に身体重心が送球方向へ急激に移動する捕球動作となっていた.このような動作により,捕球の正確性が損なわれることが考えられた.そこで,ゴロ捕球動作における股関節の動作改善を目的としたトレーニングプログラムを実施することによって,A選手の捕球動作の改善を試みた.その結果,A選手の捕球動作は軸足下腿の過度な前傾が抑えられたとともに軸足股関節の屈曲が大きい捕球動作に変化した.また,捕球直前の右足接地から捕球までの時間が長くなり,身体重心の送球方向への移動が緩やかになった.捕球成功率や指導者の主観的評価も向上がみられ,本事例で実施したトレーニングプログラムは,A選手の捕球動作の改善に有効であると考えられた.

Improving a baseball infielder’s motion when handling grounders
When catching balls, university baseball player A, who was an infielder, did not bend the hip of his pivot foot well; instead, he bent his lower leg deeply forward. This resulted in his center of gravity moving rapidly in the direction of his throw, and his catching accuracy decreased. In the present study, the ball player participated in a training program aimed at improving the motion of his hip when handling grounders. After his participation in the training program, his motion when catching balls changed such that the excessive forward bend of his lower leg was controlled and the bending of his pivot foot increased. At the same time, the time between his landing on his right foot and his catching the ball increased, and his center of gravity moved more slowly in the direction of his throw. Those changes were accompanied by an increased percentage of balls caught and also an improvement in his coach’s subjective assessments. These results suggest that this training program might have been effective in improving the catching motion of player A.
Home  |  お問合せ  |  リンク  |  ポスター Copyright © 2009 RJSP All Rights Reserved.
協賛企業
バナー広告募集

website
Anet
第3回 日本スポーツパフォーマンス学会大会
2017年7月25日 東京ビッグサイト

(click to enlarge)
入会