RJSP Home  |  お問合せ  |  リンク  |  ポスター  |  広告取扱規則
head_mark 論文一覧 head_mark 投稿規定 head_mark 論文投稿 head_mark 編集委員会 head_mark 発刊の目的 head_mark 学会大会 head_mark SPERC head_mark JSP学会 head_mark 入会・変更手続き
発行:日本スポーツパフォーマンス学会 (Japan Society of Sports Performance Research) Online Edition: ISSN 2187-1787 
   
  updated 2017/8/21  
  スポーツパフォーマンス研究は,
  主要履歴
 

Editorial記事の掲載について
Editorial

SP学会員の皆さまへ

本誌はじめてのEditorial(特集)記事を配信いたします。これについて以下に少し経緯を説明します。

『スポーツパフォーマンス研究』は、本学会の初代会長である福永が、鹿屋体育大学の学長であった2009年に、体育・スポーツ界における実践研究の振興を目的として創刊したものです。また福永は2016年に、実践研究のできる研究者を養成するために、筑波大学と連携して共同専攻の博士課程を立ち上げました。

いずれも一定の成果を上げてきましたが、両者の核心となる実践研究論文の執筆と査読をよりスムーズに進めることが、今後の重要な課題として浮かび上がってきました。そこで、実践研究の論文の書き方に関するテキストを作ろうと考え、まず少数のメンバーでそのたたき台を作ってみることにしました。

本記事は、共同専攻で使用するためのテキストの形となっています。しかし内容的には、本誌における投稿と査読にも直接的に関係するので、編集委員会の合意を得てほぼそのままの形で掲載させて頂くことにしました。初めて作成したたたき台ですので、今後は改訂したり、著者も増やしていきたいと考えています。

今後は、一般の投稿論文の掲載とあわせて、このようなEditorial記事の掲載にも取り組んでいこうと考えておりますので、あわせてご意見をお寄せ頂けると幸いです。

編集委員長


最近掲載の論文要旨
1708 優秀な男子大学生剣道競技者の体力特性 - 個人の剣道技術の特性にも着目して
徳田祐貴(鹿屋体育大学),石川貴典(鹿屋体育大学),後藤健介(鹿屋体育大学),竹中健太郎(鹿屋体育大学),前阪茂樹(鹿屋体育大学),山本正嘉(鹿屋体育大学)

大学生のレベルで優れた競技力を持つ剣道競技者12名(上位群)と,同じ大学の剣道部に所属する実力が下位の競技者12名(下位群)とを対象に,各種の体力測定を行い比較検討を行った.その結果,上位群は下位群に対して,身長は同じだがBMIや除脂肪体重が大きい,反応時間や跳躍能力に優れる,筋力では握力(特に左),背筋力,膝関節伸展筋力(特に左),足関節底屈筋力(左右)が相対的により発達している,などの特性が見られた.次に,上位群のみを対象として,得意とする技の違いによって,体力特性に違いがあるかを検討した.その結果,「遠間から面を打てる」「出ばな技に優れる」「引き技に優れる」と評価された選手群では,それぞれの技の特性に応じて,体力の発達にも特異的な様相が見られた.さらに個人々々についても見たところ,各人の競技場面での特徴(長所や短所など)と,体力の発達様相との間に関連性が見られた.以上の結果から,大学生の剣道競技選手が競技力の向上を考える場合,@上位群が持つ平均的な体力特性を踏まえた上で,A得意とする技術と関連して特異的に発達する体力特性や,B個人ごとの技能や体力の特性,にも配慮しながら行う必要があると考えられた.

Physical characteristics of excellent university student kendoka - focusing on individual kendo techiniques
The present study compared the physical strength of two groups of university student kendoka, an upper group of 12 male experts with high competitive strength and a lower group of 12 males at the same university. The results revealed specific features of the upper group compared to the lower group, such as higher BMI and greater lean-body mass even in individuals of the same height, as well as superior reaction time and jumping ability, comparatively greater strength of grip (particularly on the left), back muscle strength, and knee extension strength (particularly on the left). The ankle plantar flexion strength (left and right) was relatively more developed. Features of the physical strength of the upper group were analyzed in relation to each athlete’s special skills. Those kendoka who were judged to be good at striking men from a distance, good at initiation technique, or good at the pulling-back technique showed localized development of the body areas used in each of those techniques. Furthermore, features (strengths and weaknesses) of these individual kendoka in competition were related to the developmental level of each individual’s physical strength. These results suggest that the improvement of the competitive strength of university kendoka must be done in consideration of (a) the average physical strength of those in the upper group, (b) the specialized physical strength needed in relation to each individual’s special skills, and (c) the characteristics of each individual’s ability and physical strength.
1660 高校野球選手における打球スピード向上を目的としたトレーニングの効果 - PDCAサイクルに基づいた実践報告
勝亦陽一(東京農業大学),森下義隆(国立スポーツ科学センター)

本研究は,高校野球選手における打球スピードの向上を目的としたトレーニング実践事例について,PDCAサイクルに従って報告することを目的とした.計画:対象は17名の高校野球選手であった.打球スピードを高めるために,メディシンボール投げ(横方向)および打動作におけるアイソメトリックトレーニングを採用した.実行:トレーニング期間は9週間とし,それぞれ週3回行った.トレーニング期間の前後には,ティー打撃における打球スピードおよび素振りにおけるスイングスピードを計測した.評価:PREとPOSTの比較を行ったところ,打球スピード(PRE:33.4±1.5 m/s,POST:34.6±1.6m/s,変化率:103.6±2.9%),スイングスピード(PRE:32.5±2.3m/s,POST:35.0±1.7m/s,変化率:107.8±5.2%)ともに統計的に有意な差が示されたことから,本研究で行ったトレーニングは打球スピードの向上に効果的であったと評価した.改善:年間スケジュールにおけるトレーニング計画の改善案として,トレーニング開始時期を早めること,およびフリーウエイトやトレーニングマシンなどの高重量を扱える器具を用いて筋量を増加させることで,今回よりも大きな効果を得られる可能性があると考えた.

Effect of training aimed at improving the batted ball speed on high school baseball players - Practical reesults from using a PDCA cycle
The present study reports the results of training based on a plan-do-check-act (PDCA) cycle that aimed at improving the speed of balls batted by high school baseball players. The participants, 17 high school baseball players, received medicine-ball throwing (side direction) and isometric training of their batting motions in order to improve their batted ball speed. The training was conducted for 9 weeks, 3 times a week. Before and after the training, the ball speed when the players were tee batting and the speed of their practice-swings were measured. Comparison of the pre- and post-training results revealed significant improvements in batted ball speed (pre: 33.4±1.5 m/s, post: 34.6±1.6 m/s, rate of change: 103.6±2.9%) and swing speed (pre: 32.5±2.3 m/s, post: 35.0±1.7 m/s, rate of change: 107.8±5.2%). These results suggest that the training may have been effective in improving the batted ball speed. The discussion suggests that, in the annual training program, starting the training period earlier and adopting weight training for increasing muscle mass may also be useful ways to achieve further improvement.
1717 剣道における踏み込み音の客観的検知の可能性 - 踏み込み方により踏み込み音の違いを客観的検知できるか
下川美佳(鹿屋体育大学), 金高宏文(鹿屋体育大学), 竹中健太郎(鹿屋体育大学), 津野天兵(鹿屋体育大学), 前阪茂樹(鹿屋体育大学), 前田明(鹿屋体育大学)

本研究では、剣道における踏み込み音の研究を進める前提として、踏み込み方により踏み込み音の違いを客観的に検知できるかについて実験的に検討することを目的とした。そのため、実践現場で見受けられる4種の踏み込み方による音の違いに着目し、ヒトの音に対する可聴領域(20Hzから20000Hzまでの周波数帯域)内の200Hzから4900Hzを対象に踏み込み音について検討した。その結果、踏み込み方によって踏み込み音の振幅スペクトル量は、異なる周波数帯を有することが明らかとなった。以上のことから、踏み込み方により踏み込み音の違いは、客観的に検知できる可能性があると考えられた。

Objective identification of stepping-in sound in kendo
The present study was an experimental examination of the possibility of identifying the stepping-in sound in kendo in relation to various stepping-in techniques, in preparation for a study of kendo stepping-in sounds. The present study analyzed the sounds associated with 4 stepping-in methods common in the practice of kendo. The sounds tested were in the frequency range between 200 Hz and 4,900 Hz which are in the audible range, out of the full range of sound, which is between 20 Hz and 20,000 Hz. The results confirmed that the frequency spectrum of the stepping-in sounds differed, depending on the stepping-in method. This suggests that differences in the stepping-in sound can be identified objectively in relation to various stepping-in methods.
1704 エリートパラリンピック泳者のクロール泳中に働く牽引力の計測
角川隆明(鹿屋体育大学)

本研究では,エリートパラリンピック泳者を対象としてクロール泳の牽引泳を行い,計測された牽引力と泳動作との関係を明らかにすることを目的とした.本研究には,身体に障がいを有する5名の国際大会出場レベルの競泳選手が参加した.牽引力の計測は先行研究で報告された牽引抵抗力計測法を改良し,回流水槽にて実施した.泳者はワイヤを介してロードセルに接続され,10秒間の全力泳中にワイヤに生じる牽引力を計測した.その結果,左右非対称な牽引力の変動や,上肢の水上でのリカバリー動作から再び入水する動作において牽引力が増大する傾向が見られた.これらの結果から,本研究で用いた牽引力計測法によって,障がいを有する泳者を対象とした場合でも泳動作を評価できることが明らかとなった.障がいを有する泳者の泳動作中に生じる力に関する知見は乏しいのが現状であったことから,本研究で得られた知見は障がいを有する泳者が動作改善をする際の指標として活用できる資料と考えられる.

Evaluation of the force exerted during front crawl tethered swimming of elite Paralympic swimmers
The present study aimed to clarify the relationship between measured exerted force and swimming motion in front crawl swimming by elite Paralympic swimmers. The subjects were 5 swimmers with disabilities who had participated in international Paralympic competitions. Exerted force was measured in a water circulating pool with an improved method from previously published studies. After the swimmers were connected by wires to a load cell, they swam at full power for 10 seconds, so that the force exerted could be measured. There was a tendency for their force to vary left-right asymmetrically. Also, the athlete’s force increased when their upper arm went into the water after a recovery motion in the air. These results suggest that the tethered force-measuring method used in this study can be used to evaluate the swimming motions of swimmers with disabilities. Since knowledge of the swimming force of swimmers with disabilities is limited at present, the findings from this study can be a useful reference for improving the swimming motion of swimmers with disabilities.
1703 バレーボールにおける接戦の試合の「流れ」に関する知見
淺井雄輔(札幌市立陵北中学校)

先行研究のVTRは,すべて同一の内容であり,一つの試合のみを対象に「流れ」を語るのは,画一的な情報しか得られない.この試合は,得点差の変化が著しく,最大で5点差がつき,その5点差が逆転されるという逆転劇があった.そのため,接戦の試合の「流れ」に関する知見はまだないと言える.よって,本研究は,バレーボールの接戦の試合を事例に,先行研究から得られた「流れ」の知見と照らし合わせることで,新たな「流れ」の知見を得ることを目的とした.調査は,被験者に対してバレーボールの試合のVTRを視聴してもらい,1ラリーが終了する度にアンケートに回答してもらった.被験者には,VTR を見る際に,指定したチームの「流れ」の度合いがどのようになっているかをアンケートに回答してもらった.「流れ」に関するアンケートは-5〜+5 までの11件法であり,-5「まったく流れがない」から+5「とても流れがある」とキーワードを設定した.分析の結果,以下の結果が得られた.
1. 先行研究(淺井・佐川,2013)では2連続得失点で有意に「流れ」が変化していたが,本研究における2連続得失点では,1点差を逆転する2連続得失点については「流れ」の変化は見られなかった.その他の2連続得失点については,先行研究と同様の結果であった.
2. 淺井(2017)と同様に,「流れ」の認知には,試合経過が影響を与えていることが明らかになった.
3. 接戦の試合においては,同じ点差の異なるタイムラインについては「流れ」に,さほど違いはなかった.すなわち,接戦の試合では点差から「流れ」が規定できると言える.

Flow trend in close game in volleyball
Analyses of videos of the flow trend in volleyball games that have been reported in previously published studies have more or less the same results, providing only ordinary information on the flow trend of the games. In a game, score differences can be as big as 5 points, but that difference may be reversed by the end of the game. In such cases, the flow trend of the game has not been understood. The present study aimed to examine the flow trend of a game by comparing the results of a close game with the results reported in previous studies. In the present study, the participants watched a video of a volleyball game and answered questions after every rally, as well as answering questions about the flow trend of the designated team’s game. Their judgments were given on an 11-point scale from -5 to +5, where -5 meant that they had observed no flow trend, and +5 meant that they had observed a strong flow trend. The results were as follows:
1. In previous studies, a loss of 2 consecutive points indicated a significant flow trend, but in the present study, a loss of 2 consecutive points with a 1-point reversal did not change the participants’ judgments of the flow trend. The results regarding losses of 2 consecutive points were the same as in previous research.
2. Participants’ recognition of a flow trend was influenced by the progress of the game.
3. In a close game, the same point difference was judged to have a similar flow trend. In other words, in a close game, the point difference predominated in judgments of the flow trend.
Home  |  お問合せ  |  リンク  |  ポスター Copyright © 2009 RJSP All Rights Reserved.
協賛企業
バナー広告募集

website
Anet
第3回 日本スポーツパフォーマンス学会大会
2017年7月25日 東京ビッグサイト

(click to enlarge)
入会