RJSP Home  |  お問合せ  |  リンク  |  ポスター  |  広告取扱規則
head_mark 論文一覧 head_mark 投稿規定 head_mark 論文投稿 head_mark 編集委員会 head_mark 発刊の目的 head_mark 学会大会 head_mark SPERC head_mark JSP学会 head_mark 入会・変更手続き
発行:日本スポーツパフォーマンス学会 (Japan Society of Sports Performance Research) Online Edition: ISSN 2187-1787 
   
  updated 2017/7/23  
  スポーツパフォーマンス研究は,
  主要履歴
 

Editorial記事の掲載について
Editorial

SP学会員の皆さまへ

本誌はじめてのEditorial(特集)記事を配信いたします。これについて以下に少し経緯を説明します。

『スポーツパフォーマンス研究』は、本学会の初代会長である福永が、鹿屋体育大学の学長であった2009年に、体育・スポーツ界における実践研究の振興を目的として創刊したものです。また福永は2016年に、実践研究のできる研究者を養成するために、筑波大学と連携して共同専攻の博士課程を立ち上げました。

いずれも一定の成果を上げてきましたが、両者の核心となる実践研究論文の執筆と査読をよりスムーズに進めることが、今後の重要な課題として浮かび上がってきました。そこで、実践研究の論文の書き方に関するテキストを作ろうと考え、まず少数のメンバーでそのたたき台を作ってみることにしました。

本記事は、共同専攻で使用するためのテキストの形となっています。しかし内容的には、本誌における投稿と査読にも直接的に関係するので、編集委員会の合意を得てほぼそのままの形で掲載させて頂くことにしました。初めて作成したたたき台ですので、今後は改訂したり、著者も増やしていきたいと考えています。

今後は、一般の投稿論文の掲載とあわせて、このようなEditorial記事の掲載にも取り組んでいこうと考えておりますので、あわせてご意見をお寄せ頂けると幸いです。

編集委員長


最近掲載の論文要旨
1711 違和感のある剣道具の着用が打撃と踏み込みの時間差に及ぼす影響 - ある大学生女子剣道競技者を対象とした検証
下川美佳(鹿屋体育大学), 谷山莉保(鹿屋体育大学), 金高宏文(鹿屋体育大学), 竹中健太郎(鹿屋体育大学), 前田明(鹿屋体育大学), 前阪茂樹(鹿屋体育大学)

本研究は、違和感のある剣道具の着用が打撃と踏み込みの時間差にどのような影響を及ぼすかについて検討した。被験者は、女子競技者自身の剣道具を着用した際に打撃と踏み込みに「ほぼ同時」を逸脱したズレを有すると判断される女子競技者1名であった。その結果、被験者が使いにくいと感じる剣道具を着用した試行条件は、剣道具を着用しない試行条件と被験者が使いやすいと感じる剣道具を着用した試行条件より打撃と踏み込みの時間差が長くなった。
以上のことから、被験者が使いにくいと感じる剣道具の着用は、打撃と踏み込みの時間差を増加させ、観察上、打撃と踏み込みに「ほぼ同時」を逸脱したズレを有すると判断される原因となっていたと考えられた。

Influence of wearing uncomfortable kendo gear on the time difference between striking and stepping-in: A university female kendoka
The present study examined influences of wearing kendo gear that a kendoka felt was uncomfortable on the time difference between her striking and stepping-in. The participant was a female kendoka who was judged to have a deviation from her usual simultaneity between striking and stepping-in when wearing her own kendo gear. This resulted in her taking longer between striking and stepping-in when wearing kendo gear that she felt was uncomfortable than when she was not wearing that kendo gear or was wearing kendo gear that she felt was comfortable. This suggests that a reason for the prolongation of the time between her striking and stepping-in and the deviation from approximate simultaneity may have been that she was wearing uncomfortable kendo gear.
1623 側方へのグランバットマン時に鼠径部痛を生じたクラシックバレエダンサーの評価 - リハビリテーションの一例
去来川園子(京都バレエ専門学校),東 善一(丸太町リハビリテーションクリニック),森原 徹(京都府立医科大学),宮崎哲哉(京都府立医科大学),平本真知子(丸太町リハビリテーションクリニック),瀬尾和弥(京都府立医科大学),松井知之(丸太町リハビリテーションクリニック),久保俊一(京都府立医科大学),蘆田ひろみ(京都バレエ専門学校)

クラシックバレエでは,膝関節や足部における慢性障害の割合が多くを占めており(鵜澤ほか,2005),鼠径部痛の割合は少ない.また,スポーツの分野を問わず,鼠径部痛に対するリハビリテーション(リハビリ)の進め方については不明な点が多い.今回,クラシックバレエにおける左下肢挙上のグランバットマン動作時に左鼠径部痛を有する症例に対しリハビリを行い,良好な結果を得たので報告し,その発症原因について検討した.症例は29歳,女性であり,患側(左)の大腿筋膜張筋,大腿直筋に圧痛と筋緊張の亢進を認めた.また,股関節を外旋・外転位に保持させると,触診上,大腿筋膜張筋,大腿直筋の過剰収縮と疼痛を認めた.可動域および筋力の評価結果から,深層外旋6筋の筋力低下と,腸腰筋の筋力低下を大腿直筋および大腿筋膜張筋によって代償していることが疼痛の原因と考え,深層外旋6筋の促通,大腿筋膜張筋・大腿直筋の筋緊張抑制,開排・SLR・外転・外旋可動域改善,腸腰筋の促通・強化を行った.3ヵ月後には左鼠径部痛は消失した.これらから側方へのグランバットマン動作における鼠径部痛に対しては,深層外旋6筋・腸腰筋の筋力促進・強化が重要であると考えた.

Rehabilitation of a classical ballet dancer who had groin pain when doing a lateral grand battement
The majority of injuries in classical ballet dancers occur in their knees or feet; groin pain is much less common. Regardless of the sport, rehabilitation methods for the groin pain are not well known. The present study reports the successful result of rehabilitation for a classical ballet dancer who had groin pain on her left side when doing a lateral grand battement, and suggests a method of prevention. The patient was a 29-year-old woman who had increased tenderness and muscle-tone in her tensor fasciae latae and rectus femoris muscles on the affected-side (left).In addition, when the hip was held in the external rotation and abduction position, excessive contraction and pain in the tensor fasciae latae and rectus femoris muscles were observed by palpation. Based on an evaluation of her range of motion and muscular strength, it was hypothesized that her pain was caused by compensation with the rectus femoris and tensor fasciae latae muscles for weakness in the muscles of the deep external rotator muscles and the iliopsoas. Then, facilitation of the deep 6 external rotator muscles, suppression of muscle tonus of the tensor fasciae latae and rectus femoris muscles, abduction in flexion, SLR (Straight leg raising), improvement of abduction and the external rotator range of motion , and facilitation and strengthening of the iliopsoas were conducted. Three months later, the pain in her left groin had disappeared. This result suggests that facilitation and strengthening of the deep 6 external rotator muscles and the iliopsoas may be important for preventing groin pain as a result of doing lateral grand battement.
1636 跳馬の「前転とび前方伸身宙返り5/2ひねり(Yeo2)」における成功試技と失敗試技の動作比較 - 踏切局面から着手局面に着目して
熊谷慎太郎(中京大学)

本研究の目的は,跳馬における「前転とび前方伸身宙返り5/2ひねり(Yeo2)」の成功試技と失敗試技の動作を比較することで,失敗に至った原因と成功させるための要点を明確にすることであった.2014年豊田国際体操競技大会においてYeo2を跳躍した2 名を分析の対象とし,シャッターが同期された2台のハイスピードビデオカメラを用いて250fpsで記録した.主に踏切局面から着手局面の動作について,3次元DLT法によって得られた3次元座標を矢状面に投影し,2次元平面上で分析を行った.その結果,失敗試技は成功試技と比較してハードルステップ局面における身体重心高が高く,踏切板離足時の身体重心の鉛直速度が小さかった.また,失敗試技は成功試技と比較して馬体着手時の身体角度が大きく,股関節の伸展角度が小さかった.さらに,失敗試技は着手局面における身体重心距離の変化も小さかった.これらのことが馬体離手時における鉛直速度を低下させる要因となり,第2空中局面における身体重心高を十分に確保できなかったと考えられる.失敗試技はYeo2を成功させるために,適切な高さでハードルステップを行い,振り上げ動作を明確に行って馬体に着手することが重要であると示唆された.

Comparison of successful and unsuccessful vaults in the Yeo 2 (Handspring Front Layout with 2.5 Twists): Focus on the movements from the on-board phase through the on-table phase
The present study aimed to identify reasons for failure and points related to success in the Yeo 2, a handspring front layout with 2.5 twists, in the vault, by comparing successful and unsuccessful vaults. The vaults of two gymnasts who attempted the Yeo 2 at the 2014 Toyota International Gymnastic Competition were recorded at 250 fps with two synchronized high-speed video cameras. The gymnasts’ motions from the on-board phase through the on-table phase were analyzed on a two-dimensional plane by projecting three-dimensional coordinates obtained with a three-dimensional direct linear transformation (DLT) method on a sagittal plane. The results showed that, in the unsuccessful vaults, compared to the successful ones, the gymnasts’ center of gravity was higher in the hurdle step phase, and the vertical speed of their center of gravity was smaller in the on-board phase. Also, in the unsuccessful vaults, the angle of their body in the on-table phase was greater, and the angle at which their knee was bent was smaller. Furthermore, in the unsuccessful vaults, they moved their weight a smaller distance in the on-table phase. These elements lowered their vertical speed in the on-board phase, and made it difficult for the gymnasts to keep their center of gravity high enough in the second air phase. These results suggest that, for a successful Yeo 2, gymnasts should make the hurdle step from a reasonably high position and should touch the vault with a clear upward motion.
1659 女子プロ野球選手における投球時の手指動作がボール速度およびボール回転数におよぼす影響
水谷未来(鹿屋体育大学),鈴木智晴(鹿屋体育大学),藤井雅文(鹿屋体育大学),杉浦綾(日本女子プロ野球リーグ),松尾彰文(鹿屋体育大学),前田明(鹿屋体育大学),福永哲夫(鹿屋体育大学)

本研究の目的は,女子プロ野球選手を対象に,投球時の手指動作がボール速度およびボール回転数におよぼす影響について明らかにすることである.被検者は女子プロ野球投手4名であった.被検者は18.44m先の捕手に向かって全力投球を10球行った.投球動作およびボールの速度と回転数を,モーションキャプチャシステムおよびドップラーレーダー式ボールトラッキングシステムを用いて,それぞれ計測した.その結果,身体各部位の投球方向への最大速度は,肘,手首,指先の順に高くなる傾向を示し,ボールリリース時点では,指先の動作とボール速度がほぼ同じ値を示した.以上の結果は,指先の速度がボール速度を決定する重要な要因であることを示唆している.更に,ボール速度が高い選手の特徴として,手首と指先の最大速度出現時間に顕著な差がみられた事があげられた.また,ボール回転数が高い選手の特徴として,リリース直前の指節間関節の掌屈角度が大きく,かつその角速度が高いことが観察された.

Influence of finger motions during pitching on ball speed and ball spin rate in female professional baseball players
The present study examined effects of female professional baseball players’ finger motions during pitching on the velocity and spin rate of the ball. Four female professional baseball players pitched to a catcher who was 18.44 m away. Their pitching motions and the velocity of the balls were tracked by an optical motion-capture system. Ball spin was measured by a Doppler radar tracking system. The results showed that the maximum velocity of each part of the body in the pitching direction had a tendency to increase in order of elbow, wrist, and fingertips, and that, at the point of ball release, the velocity of the fingertips and the ball was almost the same. These results suggest that the velocity of the fingertips is an important factor in determining the speed of the ball. Furthermore, those players who made high-speed pitches showed a marked difference in the time of appearance of the maximum speed between the wrist and the fingertips. In addition, those players whose pitched balls had high spin rates had a high flexion angle of the finger joints immediately before release, and the angular velocity was high.
1702 メンコ遊びの成績上位者における動作の特徴 - 上達のための指導ポイント
田中亮匡(帝京平成大学), 砂川憲彦(帝京平成大学), 伊藤博一(帝京平成大学)

本研究では,男子大学生を対象に,メンコ遊びの成績上位者における動作の特徴をハイスピードカメラ1台での2次元動作分析によって明らかにし,メンコ遊び上達のための指導ポイントに関する基礎資料を作成することを目的とした.
その結果,@相手のメンコに近づいて構える,A大きなステップ幅で構える,B踏込脚の膝関節を大きく伸展させながら投げる,Cより低い位置でメンコをリリースする,Dリリースポイントの真下付近にメンコを投射する,ことがメンコ遊びの成績上位者における動作の5大特徴であることがわかり,上達のための重要な指導ポイントであると考えられた.また,体操マットと市販のゴム製コースターを使用した場合では,70km/h程度のメンコ初速度があれば相手のメンコを十分にひっくり返せるものと考えられた.さらに,「構え」に関する分析項目は,多くの分析項目との間に有意な相関関係がみられたことから,「正しく構える」ことがメンコ遊び上達のために重要であると考えられた.

Features of motion of menko experts: coaching points for improvement
The present study aimed to create basic materials for coaching menko (a Japanese card game) based on a two-dimensional motion analysis of the actions of male university students who were experts at menko, as recorded with a high-speed camera.
The analysis revealed five features of the menko experts’ actions that were considered to be important points for coaching: (a) standing close to the opponent’s menko, (b) standing with the feet spread wide apart, (c) using the knee extensor when throwing the menko, (d) releasing the menko from a lower position, and (e) throwing the menko just under the releasing point. When using a gym mat and a commercially available rubber coaster, throwing menko at an initial velocity of 70 km/h was enough to flip over the opponent’s menko. Further, because the analysis of the items relating to the experts’ standing posture showed significant correlations with the other items analyzed, the results suggest that a proper standing posture may be important for the improvement of performance in menko.
Home  |  お問合せ  |  リンク  |  ポスター Copyright © 2009 RJSP All Rights Reserved.
協賛企業
バナー広告募集

website
Anet
第3回 日本スポーツパフォーマンス学会大会
2017年7月25日 東京ビッグサイト

(click to enlarge)
入会