RJSP Home  |  お問合せ  |  リンク  |  ポスター  |  広告取扱規則
head_mark 論文一覧 head_mark 投稿規定 head_mark 論文投稿 head_mark 編集委員会 head_mark 発刊の目的 head_mark シンポジウム head_mark SPERC head_mark JSP学会 head_mark 入会・変更手続き
発行:日本スポーツパフォーマンス学会 (Japan Society of Sports Performance Research) Online Edition: ISSN 2187-1787 
   
  updated 2016/5/21  
  スポーツパフォーマンス研究は,
  主要履歴
 
最近掲載の論文要旨
1544 セーリング競技におけるハイクアウトテストと体力要因との関係
石井泰光(国立スポーツ科学センター), 榮樂洋光(鹿屋体育大学), 布野泰志(鹿屋体育大学), 萩原正大(国立スポーツ科学センター), 中村夏実(鹿屋体育大学)

本研究では, 年齢および競技レベルの異なるセーリング競技選手を対象に, ハイクアウトの持続時間を規定する体力要因を明らかにすることを目的とした. 対象は, セーリング競技を行っている男性44名, 女性20名であった. 体力測定は, 18歳未満のシングルハンド群に対しては, ハイクアウトテスト, 20mシャトルラン, 握力, 腕立て伏せ, 懸垂, 上体起こしテスト, ウォールシットを実施した. 上記のテストに加えて, 18歳以上のシングルハンドおよびダブルハンド群では, 等尺性膝伸展筋力, ウインゲートテスト(30秒), 30秒間上体起こしテストを実施した. ハイクアウトテストは, ハイクアウトベンチ上で膝関節, 股関節を等尺性収縮に保って行わせた. ハイクアウトの姿勢は, ベンチの端に大腿部中央が接するようにして, 肩の高さが膝の高さと同じになるようにした. 18歳未満のシングルハンド, 18歳以上のシングルハンド, 18歳以上のダブルハンドの間に, ハイクアウトの持続時間には差が認められなかった. 一方, 男女関わらず, 国際レベルは, 国内レベルに比べて, ハイクアウトの持続時間が有意に長いことが認められた.
ハイクアウトの持続時間は, 20mシャトルランの間と上体起こしテスト(男性のみ)に有意な相関関係が認められた. 有酸素性作業能力は, ハイクアウトの持続時間を規定する体力要因であることが明らかになった. しかし, 先行研究において, ハイクアウトの持続能力と関連性が認められている等尺性膝伸展筋力との間には有意な相関関係が認められなかった. これらの結果から. 本研究で考案したハイクアウトテストは, セーリング競技におけるハイクアウトの持続能力を評価できることが示唆された.

Relationship of the hike-out test to physical factors in sailing
The present study examined some physical factors involved in the hike-out duration of sailors differing in age and experience. The participants were 44 men and 20 women sailors who were competing in a sailing race. Measurements of the physical fitness of participants in the single hand group who were under 18 years old included a hike-out test, a 20-meter shuttle run, grip strength, push-ups, chin-ups, trunk curl-ups, and a wall-sit test. For the single hand and double hand groups of participants who were over 18 years old, isometric knee extension strength, a Wingate test (30 seconds), and 30-second sit-ups were added. Hike-out tests were conducted on a hike-out bench, keeping an isometric extension of the knees and hips. The goal for the hike-out posture was to keep the center of the thigh at the end of the bench, and keep the height of the shoulders at knee height. No differences were found in hike-out duration between the single hand under-18-years-old group, the single hand above-18-years-old group, and the double hand above-18-years-old group. On the other hand, regardless of gender, the hike-out duration at the international level was significantly longer than at the domestic level.
The correlations of hike-out duration with the 20-meter shuttle run and the trunk curl-up test (for men only) results were significant. Aerobic endurance capacity was judged to be a physical factor for defining hike-out duration. In contrast, a significant correlation of hike-out duration with isometric knee extension strength, which had been reported in previous studies, was not observed. The present results suggest that the hike-out test proposed here may be a useful method for evaluating hike-out duration in sailing.
1547 女性トレイルランナーにおけるトレーニングおよびペース戦略 - 76.7 kmトレイルランニングレース優勝を事例として
山史徳(筑波大学),宮ア喜美乃(ミウラ・ドルフィンズ),山本正嘉(鹿屋体育大学)

本研究は,76.7 kmトレイルランニングレースで女子総合優勝を果たしたトレイルランナーのレース16週間前からのトレーニング状況,レース中のペースおよび心拍数の変動を基にレースの成功要因を提示した.得られた主な結果を以下に示す.
  1. 先行研究と比べ,トレーニング量は低い傾向にあったが,中強度以上のトレーニング時間が約5割を占めていた.
  2. 鍛錬期においては,週末に連日して50 km前後のトレイルランニングを行い高い負荷をかけていた一方で,平日の負荷は低く,めりはりのあるトレーニングを行っていた.
  3. レース約2週間前に37 kmトレイルランニングレースに出場した以降は,トレーニング量を著しく低下させることでテーパリングを行っていた.
  4. 過去に出場したレースに比べ,レース終盤に至るまで速いペースを維持し,心拍数も高かった.これは,レースやトレーニング経験に加え,事前にペース戦略を立てたことが影響していると考えられる.
以上の結果より,本選手が優勝に至った要因として,起伏のあるコースを超長時間にわたり走る競技に特化したトレーニングを行っていたのに加え,優れたペース配分能力を身につけたことが影響したと考えることができる.

Training and pace strategy of a woman’s trail runner: The winner in a 76.7-km trail running race
The present study proposes factors that may lead to success in trail running races. The subject was a woman runner who had participated in a 16-week training program. Measures included her pace distribution and heart rate during a 76.7 km trail running race in which she achieved the overall win. The major findings were as follows:
  1. Compared to previously published research, the amount of training was rather less, but the time spent in higher load training was about 50%.
  2. During the training period, the training was modulated, i.e., high load training was done with a 50-km run on weekends, whereas the training load on weekdays was lower.
  3. After the runner participated in a 37-km race around 2 weeks before the main race, the amount of training was significantly reduced.
  4. Compared to past races, the runner maintained a high pace up to the final stage of the race, and her heart rate was high. This resulted from her experience of racing and the present training, as well as her well prepared pace-distribution strategy.
These results suggest that the winning factor may have been acquisition of a good ability to distribute her pacing, in addition to the effects of long-term training on a hilly course.
1525 フレイルな高齢者に対するノルディックウォーキングの介入効果
藤田英二(鹿屋体育大学),幸福恵吾(DREAMウエルネス),竹田正樹(同志社大学),竹島伸生(鹿屋体育大学)

本研究は,地域在住で自立しているがフレイルな高齢者9名を対象に8週間に亘るノルディックウォーキング運動(NW)教室を開催し,機能的体力と歩行およびバランス能の評価における運動効果について検討した. 測定項目は,機能的体力としてArm Curl(AC),Chair Stand(CS),Up & Go(UG),Functional Reach (FR),Back Scratch (BS),Sit & Reach(SR)および12分間歩行(TW),歩行およびバランス能として,普通と自発的最大速度による8m歩行,20秒間のその場足踏みテストを用いた. トレーニング時間と頻度は,20分/日,2.2 ± 1.9 日/週であった. 結果,機能的体力としてのAC, CSおよびUGが有意に改善した. BSとTWは改善が認められなかった. 一方,歩行およびバランス能では,自発的最大速度歩行時のストライド長のみに有意な増加が認められ,その他の項目には明らかな変化が認められなかった. 以上から,フレイルな高齢者におけるNWの実践は,全身持久性能力や歩行およびバランス能に対する改善が顕著でないが,筋力への効果が大きいように思われた. ストライド長は運動前に小さい人ほど大きな改善率を示したことから,日頃の運動や身体活動の低下が顕著である,より歩行能の低い人ほど改善が期待できることが考えられ,有効な運動様式とみられた.

Effects of Nordic walking on functional fitness, dynamic balance, and gait in physically frail older adults
The purpose of the present study was to determine effects of a Nordic walking program on functional fitness, dynamic balance, and gait in community-dwelling, frail older adults. Functional fitness (arm curl (AC), chair stand (CS), up and go (UG), functional reach (FR), back scratch, sit and reach, and a 12-min walk), gait (8-m walk at a self-selected pace and for maximal speed), and dynamic balance (20-sec march-in-place) were assessed before and after an 8-week Nordic walking program participated in by 9 frail older adults (4 men, 5 women; average age=80.3 ± 5.3 yr). The program was conducted for 20 minutes/day and for an average of 2.2 ± 1.9 days/week. Following the training, arm curl, chair stand, and up and go improved significantly. Upper-body flexibility and the 12-min walk did not change following training. Walk speed, and single- and double-support time did not change during the 8-m walk with a self-selected pace. However, stride increased in the 8-m maximal speed walk test. A Nordic walking exercise program appears to improve upper-body strength and mobility in frail older adults. The changes observed after this training appear to favor muscular strength rather than work capacity.
1546 大学女子駅伝におけるトレーニング戦略の一事例 - 第28回全日本大学女子駅伝で6位初入賞(シード権獲得)を果たした事例をもとに
松村勲(鹿屋体育大学),金高宏文(鹿屋体育大学),小森大輔(鹿屋体育大学),中畑敏秀(恒心会おぐら病院),瓜田吉久(鹿屋体育大学),田中克典(鹿屋体育大学)

本研究は,大学女子駅伝における目標達成のためのトレーニング戦略の一事例を提示するとともに,そのトレーニング戦略の有効性を検討したものである.本事例の対象チームは,全日本大学女子駅伝対校選手大会において2009年は14位であったが2010年に6位入賞し,九州地区での初のシード権を獲得したK大学陸上競技部の女子駅伝チームであった.  その過程を分析ならびに検討した結果,女子駅伝チームの目標達成に向けたトレーニング戦略のポイントとして,以下のことが確認された.
  1. 目標設定は現実的で達成可能なものとすること.
  2. 目標達成に向け,なすべきトレーニング内容や状態を数値として明確に示すこと.
  3. 大会前(大会月)に出走者もしくはそれ以上の人数が,狙いとしたトレーニング内容(設定タイム)を実行(なすべき状態に)できるようにすること.
  4. 対象チームが従来から実践していた独自のトレーニング組み立て方を活用できていたこと.
Training strategies for a university women’s ekiden team: based on their having won the 6th prize (seeded) at the 28th All-Japan University Women’s Ekiden
The present study reports an example of training strategies for achieving a target in university women’s ekiden, and an examination of effectiveness of these strategies. The team that participated in the study was the women’s ekiden team of K university’s track and field club. They won 6th prize in the All-Japan University Women’s Ekiden in 2010, and 14th prize in 2009. This was the first time that this team had been seeded in the Kyushu area. As a result of analyzing and examining the training process, the following strategies were identified:
  1. The target for the training should be realistic and achievable.
  2. The contents and conditions of training for reaching that target should be quantified.
  3. Before the race, that is, during the month in which the race will be held, the runners and more members should become able to achieve the contents of training (target time).
  4. Individual training programs that have been executed by the team should be activated.
1529 ある大学女子バレーボール選手のレセプション技術が向上した事例-レセプション動作の修正を目指した3か月間の取り組み
坂中美郷(鹿屋体育大学), 村田憲亮(鹿屋体育大学), 青木竜(鹿屋体育大学)

本研究は, 大学女子バレーボール部に所属するY選手のレセプション動作を修正するための練習を3か月間行うことによってレセプション技術が向上した事例を提示し, バレーボールにおける競技力向上のための基礎資料を提供することを目的とした. レセプションにおけるY選手の問題点は, @両足を左右真横に開いて構えているために, 前後のボールに対応できず, 前のボールにはすぐに膝をつき, 後ろのボールには上体の起立と後傾がみられること, A体に引き付けた腕を振り出すことによってボールをコントロールしようとしていることの2点であった. 問題点を修正する取り組みとして, 「練習A:面づくり」, 「練習B:チャンスボールを『ポン』と当てるだけ」, 「練習C:ボールをセッターへ向けて転がす」の3つを3か月間実施した. その結果, 動作の問題点を修正し, 試合におけるレセプション成功率を向上させることができた. 今回の取り組みは, Y選手のパフォーマンス向上のために有効であったことが示唆された.

Improvement of reception of a woman university volleyball player: 3 months’ training for improving her reception movements
The present study reports effects of 3 months of training on the reception movements of a woman university volleyball player Y, and provides basic data for improving competitive power in volleyball. Player Y had two problems: (a) When she got set with her feet side by side, she did not follow the back and forth movement of the ball. When balls were in front of her, she immediately fell down on her knees, and when they were behind her, she stood bolt-upright and bent backwards. (b) She tried to control the ball by swinging her arms toward her body. The training included making a plane surface with her arms, hitting free balls lightly, and rolling balls to the setter. After the 3 months of training, her problems were corrected, and her reception success rate improved. This suggests that the training may have been effective for improving her performance.
Home  |  お問合せ  |  リンク  |  ポスター Copyright © 2009 RJSP All Rights Reserved.
協賛企業
バナー広告募集

website
Anet
入会