RJSP Home  |  お問合せ  |  リンク  |  ポスター  |  広告取扱規則
head_mark 論文一覧 head_mark 投稿規定 head_mark 論文投稿 head_mark 編集委員会 head_mark 発刊の目的 head_mark 学会大会 head_mark SPERC head_mark JSP学会 head_mark 入会・変更手続き
発行:日本スポーツパフォーマンス学会 (Japan Society of Sports Performance Research) Online Edition: ISSN 2187-1787 
   
  updated 2017/11/12  
  スポーツパフォーマンス研究は,
  主要履歴
 

Editorial記事の掲載について
Editorial

SP学会員の皆さまへ

本誌はじめてのEditorial(特集)記事を配信いたします。これについて以下に少し経緯を説明します。

『スポーツパフォーマンス研究』は、本学会の初代会長である福永が、鹿屋体育大学の学長であった2009年に、体育・スポーツ界における実践研究の振興を目的として創刊したものです。また福永は2016年に、実践研究のできる研究者を養成するために、筑波大学と連携して共同専攻の博士課程を立ち上げました。

いずれも一定の成果を上げてきましたが、両者の核心となる実践研究論文の執筆と査読をよりスムーズに進めることが、今後の重要な課題として浮かび上がってきました。そこで、実践研究の論文の書き方に関するテキストを作ろうと考え、まず少数のメンバーでそのたたき台を作ってみることにしました。

本記事は、共同専攻で使用するためのテキストの形となっています。しかし内容的には、本誌における投稿と査読にも直接的に関係するので、編集委員会の合意を得てほぼそのままの形で掲載させて頂くことにしました。初めて作成したたたき台ですので、今後は改訂したり、著者も増やしていきたいと考えています。

今後は、一般の投稿論文の掲載とあわせて、このようなEditorial記事の掲載にも取り組んでいこうと考えておりますので、あわせてご意見をお寄せ頂けると幸いです。

編集委員長


掲載済み論文の削除について

『スポーツパフォーマンス研究に掲載されておりました論文「対戦しているチーム間の点差がバレーボールの試合の「流れ」に与える影響−終盤に逆転が起きた試合の事例から−」(vol.7, 183-194, 2015)につきまして,読者からデータに関する疑義が呈されました(9/29).
そのため,編集委員会でその内容について検討し(10/16-10/24),著者に確認を求めました.
その結果,著者からは掲載されていたデータに不備があったため,論文を撤回したいという回答がありました(10/29).
編集委員会としては,本件を慎重に審議し,当該論文については本誌から削除することといたしました.
以上,ご報告申し上げます.

スポーツパフォーマンス研究編集委員長
橋仁大


最近掲載の論文要旨
1647 吊り輪動作再獲得に難渋した男子体操選手−肩甲骨周囲筋機能不全の一症例
長ア進(伏見岡本病院), 福島秀晃(伏見岡本病院), 三浦雄一郎(伏見岡本病院), 森原徹(京都府立医科大学)

男子体操選手における肩関節脱臼術後の吊り輪競技復帰に向けたリハビリテーションを検証した.検証作業として倒立・懸垂動作及び吊り輪動作における肩甲骨周囲筋群(僧帽筋各線維・前鋸筋)の動作筋電図を施行した.得られた筋電図波形から倒立と懸垂動作課題において健側との比較を行った.対象者は懸垂及び吊り輪動作において患側の肩甲骨挙上・内転筋(僧帽筋上部・中部線維)と下制筋(僧帽筋下部線維・前鋸筋)の筋活動に漸増・漸減パターンが認められなかった.リハビリテーションとして肩甲骨挙上・内転筋と下制筋の筋活動に漸増・漸減パターンを再獲得する目的として,重錘を持たせた側臥位での肩関節外転−内転運動を行った.運動療法後,吊り輪動作が可能となり,運動療法前・後における吊り輪動作の筋活動パターンに改善を認めた.体操競技復帰を目指したリハビリテーションでは筋力強化に加えて肩甲骨周囲筋の円滑な筋活動パターンの再獲得を行う運動療法が必要である.

Rehabilitation for dysfunction of the muscles surrounding the scapula: Male gymnast with difficulty in regaining the movements needed for still rings exercises
The present study describes the rehabilitation of a male gymnast who aimed at returning to still rings events after surgery for a dislocated shoulder. Examination of the gymnast included motion electromyogram of the muscles surrounding his scapula (the trapezius and serratus anterior muscles) during the movements involved in hanging handstands and still rings exercises. The wave forms obtained from the electromyograms on the affected side were compared with those from the unaffected side. No pattern of gradual increase or decrease was observed for his adductor muscles (the upper and middle fibers of the trapezius muscle) or abductor muscles (the lower fibers of the trapezius and serratus anterior muscles) during hang and still rings movements. He then did exercises in order to regain the pattern of gradual increase or decrease of the adductor and abductor muscles, such as abductor and adductor motions of the shoulder joint while holding a weight in a lateral position. After doing this exercise, the gymnast became able to perform the still rings exercises. When his performance before and after the rehabilitation exercises was compared, an improvement in the motion pattern of his muscles during the still rings movements was found. These results suggest that the rehabilitation of gymnasts who aim to return to the still rings after an operation for a dislocated shoulder may require them to regain a smooth pattern of motion of the muscles surrounding the scapula, in addition to strengthening those muscles.
1716 低負荷全力ペダリングトレーニングが球技スポーツ選手の疾走能力に及ぼす影響
大石祥寛(宮崎学園短期大学), 渡邊夏海(東京YMCA社会体育保育専門学校), 蔭山雅洋(日本スポーツ振興センター), 亀田麻依(鹿屋体育大学), 前田明(鹿屋体育大学)

本研究は,低負荷全力ペダリングトレーニングが球技スポーツ選手4名の疾走能力に及ぼす影響について検討した.トレーニングは負荷1.0 kpでの7秒間の全力ペダリング運動を用い,5本 × 2セットを週3回4週間実施した.疾走能力の評価として25 m走タイムおよび0―10 m区間のピッチ・ストライドの変化を観察した.その結果,25 m走タイムは4名中3名が短縮した.また,0―10 m区間のピッチ・ストライドのトレーニング前の特性およびトレーニングによる変化はそれぞれの被検者で異なるものであった.各被検者の疾走の変化様相を検討した結果,4週間の低負荷全力ペダリングトレーニングは,スタートダッシュ時のピッチが低い球技選手やショートスプリント後半の加速率が低い球技選手に対しては疾走能力向上の有効性が高く,スタートダッシュ時のピッチの優位性が高い選手には有効ではないものと考えられた.

Effects of low-load full-power pedaling training on the running ability of ballgame players
The present study examined the effect of low-load full-power pedaling training on the running ability of 4 ballgame players. In the training, the participants used a full-power pedaling motion under a load of 1.0 kp for 7 seconds. This was repeated 5 times per set, 2 sets x 3 times per week, for 4 weeks. The participants' running ability was evaluated from their 25-meter run time and their pitch and stride in the 0-10 meter portion of that run. The results showed that 3 of the 4 athletes improved their 25-meter run time. When the participants’ scores before and after training were compared, it was found that each of them showed different changes in pitch and stride in the 0-10 meter portion. These results suggest that the low-load full-power pedaling training may have been effective for those athletes who were low in pitch at the start of the dash and for those who were low in acceleration in the latter half of the short sprint, whereas it may not have been effective for those athletes who were superior in pitch at the start of the dash prior to participating in the present training.
1715 チェーンにかかる力の動態から自転車競技選手のペダリング技術を定量的に評価する試み
橋本直(鹿屋体育大学),森寿仁(立命館大学),黒川剛(鹿屋体育大学),山本正嘉(鹿屋体育大学)

チェーンにかかる力の動態を定量できる自転車エルゴメーター(Wattbike,Wattbike社製,UK)を用いて,自転車競技のロード競技で求められるペダリング技術を定量的に評価することを試みた.被験者は男子大学生8名とし,その内訳は自転車競技ロード選手3名,トラック選手3名,自転車競技の未経験者2名であった.各被験者は回転数を95rpmに固定して,様々な仕事率で多段階のペダリング運動を行った.その結果,ロード選手ではトラック選手や自転車競技の未経験者に比べて,同一の仕事率におけるチェーンにかかる力の最大値(Max.F)が低く,最小値(Min.F)が高い傾向を示すとともに,Max.Fに対するMin.Fの割合も高値を示した.また,ペダリングの再現性の指標として算出したMax.FやMin.Fの変動係数(CV)についても,ロード選手が最も低い値を示した.したがって,これらの指標を用いることで,ロード選手に求められる技術のよしあしを定量的に評価できることや,その評価結果をもとにトレーニング処方にも活用できる可能性が考えられた.

Quantitative evaluation of the pedaling technique of cycle road racers based on the dynamic force applied to the chain
The goal of the present study was to obtain a quantitative evaluation of the pedaling technique of cycle road racers by using a cycle ergometer called “Wattbike”, made in the UK, that is capable of measuring the force applied to the chain. The participants were 8 university students, including 3 cycle road racers, 3 track cyclists, and 2 inexperienced cyclists. The participants pedaled at various power levels with a fixed speed of 95 rpm. Compared to the track athletes and the inexperienced cyclists, the road racers’ maximum force (Max. F.) to the chain at the same power level tended to be lower, whereas their minimum force (Min. F.) tended to be higher. When the participants’ coefficients of variability, as indices of maximum and minimum force, were calculated in order to evaluate pedaling reproducibility, the road racers’ coefficients were found to be the lowest. This suggests that these indices may be applicable to the quantitative evaluation of road racers’ technique, and that a training program could be designed based on these results.
1707 幼児を対象としたライントレーニングの成就度
細川賢司(池坊短期大学), 佐藤哲史(Sports Multiply)

現在,幼児の体力は継続的に低下傾向を示しており,特に調整力の未発達が懸念されている.そこで本研究では,保育現場での利便性・実用性に優れたコーディネーション運動として「ライントレーニング(佐藤,2015)」に着目し,5歳児を対象にその成就度を検証した.対象は,兵庫県の私立保育所に在籍する5歳児クラス15名(男子8名,女子7名)であった.約1ヶ月の事前実践期間と約2ヶ月(10週間)の本実践期間を設定し,本実践期間の前半約1ヶ月(5週間)ではライントレーニングの基本ステップ,後半約1ヶ月(5週間)では応用ステップの指導・実践を,20〜30分/回/週の頻度で行った.ステップの習得状況については,毎週成就度判定テストを行い,0〜3点の4段階で評価した.その結果,本実践期間の前半を通して,基本ステップの成就度得点は全ての種目で有意に向上し,80%以上の幼児が2点(テンポは一定ではないがミスなくステップを完了できる)以上を獲得した.また,本実践期間の後半を通じて,全ての幼児で10種類以上の基本・応用ステップが習得された.以上の結果から,今回実施したライントレーニングの基本・応用ステップは,短時間・短期間の指導・実践によって成就度の有意な向上と多様なステップの習得が認められ,保育現場における運動指導・援助方法の1つとして十分活用可能であることが明らかになった.

Achievement of line training by preschool children
The physical fitness of young children in Japan has been decreasing continuously. In particular, their coordination abilities are poorly developed. The present study examined the achievement of “line training” (the Japanese term for an exercise involving skipping or jumping to one side and forward, parallel to a line), which is used in preschools as a convenient, practical exercise to train coordination. The participants in the present study, 15 five-year old children (8 boys and 7 girls) who were attending a private preschool in Hyogo Prefecture, were given one month of pre-training and 10 weeks of the main training. In the first 5 weeks of the main training, they did basic steps of line training; in the latter 5 weeks, they did practical steps for 20-30 minutes per time each week. The children’s progress was evaluated every week by rating their level of achievement on a 4 point scale (0~3). The results showed that, in the first half of the training, the children’s achievement of basic steps significantly improved. More than 80% of the children were rated at level 2, in which the tempo of stepping is not stable but stepping can be completed without mistakes. In the latter half of the training, all the children acquired more than 10 kinds of basic and practical steps. These results suggest that basic and practical steps in line training may be a useful method for improving preschool children’s performance, enabling them to acquire various steps in a short time.
1543 柔道の前回り受身を習得するための新たな指導法の提案 - 「突っ込み型」と「横落ち型」に対する事例から
小山田和行(鹿屋体育大学)

中学校の保健体育の授業において「武道」の必修に伴い全国の約64%の学校が「柔道」を選択している.「前回り受身」は受身の中でも習得に最も時間を要する.このことから本研究では,体育系大学生で柔道未経験者の的確ではない動きを「突っ込み型」と「横落ち型」の2パターンに分類し,前回り受身の習得の新たな指導法を提案した.「突っ込み型」は体操の前転のように頭部から畳への突っ込みを防ぐため,両腕の道衣の上から赤帯を結び付ける「レッドストリング法」で指導した.「横落ち型」は回転時の畳への接着順序(小指→手首→肘→肩→腰→足)を無視した形での横転を正確なものとするため長い棒を持たせたまま前回りさせる「ロングスティック法」で指導した.「レッドストリング法」では回転時の視線を固定することで首が捻られ頭部を打たなくなった.「ロングスティック法」では回転時の動きを制限することで畳への接地順序を正確にすることができた.両指導方法は,アンケート結果でも自己意識として改善が確認できた.よって「突っ込み型」に対しては「レッドストリング法」が,「横落ち型」に対しては「ロングスティック法」が有効な指導方法である可能性が示唆された.

Coaching front-rolling ukemi in judo - Dealing with plunge type and side-fall type errors
When martial arts became compulsory in junior high school health and physical education classes, about 64% of schools choose judo. Of the various ukemi (passive) judo techniques, the front rolling ukemi takes students the longest time to learn. To deal with this situation, the present study proposed a new method for coaching front rolling ukemi. Participants in the study were university physical education students who were beginners in judo. Their inaccurate motions were classified into two patterns, a “plunge type” and a “side-fall type”. To deal with the plunge type of error, a “red string method” was used, in which both sleeves of the judo gear were tied back with a red sash to prevent the student’s head from plunging onto the tatami, similar to front rolling in gymnastics. To deal with the side-fall type of error, a “long stick method” was used, in which the student rolled forward while holding a long stick in order to force the correct sequence of contacting the tatami during the roll (little finger - wrist - elbow - shoulder - hip - leg). When the red string method was used, because the line of the student’s sight was fixed and his neck was twisted when rolling, hitting his head on the tatami was avoided. When the long stick method was used, the rolling motion was controlled and the sequence in which the student’s body contacted the tatami became accurate. The results from questionnaires suggested that both of these coaching methods resulted in the correct motions becoming automatic. The red string method may be an effective coaching method for plunge type errors, and the long stick method, for side-fall errors.
Home  |  お問合せ  |  リンク  |  ポスター Copyright © 2009 RJSP All Rights Reserved.
協賛企業
バナー広告募集

website
Anet
入会