RJSP Home  |  お問合せ  |  リンク  |  ポスター  |  広告取扱規則
head_mark 論文一覧 head_mark 投稿規定 head_mark 論文投稿 head_mark 編集委員会 head_mark 発刊の目的 head_mark 学会大会 head_mark SPERC head_mark JSP学会 head_mark 入会・変更手続き
English
福永 目的 福永哲夫
鹿屋体育大学

体育学・スポーツ科学の目指すもの
健康で文化的な日常生活を営むためには「動ける身体」を所有することが根本である。体育学・スポーツ科学は「動ける人間の育成」に最も貢献できる科学として健康で文化的な社会生活の獲得に資することが出来る。

発刊の目的
競技スポーツや健康スポーツあるいは教養スポーツの現場における数多くの実践例を取り扱い、体育・スポーツの実践系・指導系の教育的、学問的価値の確立とその発展を目指す。

発刊の意義
体育・スポーツに関する指導者、コーチ、実践者による自らの体験している様々な活動が記載された論文の集積とその体系化は、従来の自然科学系および人文社会学系の研究と領域横断的にリンクすることにより、「動ける人間の育成」に寄与できると考える。

発刊の意義

発刊の背景
近代社会においては、スポーツ (身体運動、エクササイズ、体操、ダンスやトレーニングおよび武道などの全ての身体活動を含む言葉として定義する)は、健康で文化的な人間生活を保障する基本的条件である。スポーツは実施する動機・目的により、競技スポーツ、健康スポーツ、教養スポーツに分類されるが、いずれも現代社会に欠かすことに出来ない文化として存在する。
この社会現象に対応して、スポーツ活動に関する指導や工夫などが関係者により数多く実施されてきているが、その実態は必ずしも十分に明らかにされていない。その原因の一つに実践報告などの論文を掲載する専門誌が存在しないことによる。この事は、過去の優れた経験を生かし、かつ、失敗を繰り返さない実践・指導などが未来につながらないことを意味する。
スポーツ活動は同じプログラムが処方されたとしても、その効果の表れは個人の能力や資質、あるいは生活習慣ならびに外的な環境(スポーツ、トレーニングの実施環境、指導条件など)により大きく異なる。この事は、スポーツが身体に与える効果の現れ方には、数多くの具体例が数多く存在することを意味する。
医学界では臨床例の研究論文は数多く存在し、新しい医学の進歩に大いに貢献している。スポーツの研究領域においても、競技スポーツや健康スポーツあるいは教養スポーツの現場における数多くの実践例を論文として取り扱う雑誌の必要性を強く感じる。「スポーツパフォーマンス研究」の発刊目的はここにある。
スポーツに関する指導者、コーチ、実践者が自分の体験している様々な活動を論文として投稿し、その論文が集積され、体系化されば、従来の自然科学的あるいは人文社会学的研究の成果と有効に機能することにより、真に健康つくりや日常生活における「動ける身体の育成」に役立ち、また競技力の向上に寄与するスポーツ科学としての役割が果たせるものと信じる。

ウェッブジャーナル「スポーツパフォーマンス研究」の特徴
スポーツパフォーマンス研究会が発刊する「スポーツパフォーマンス研究」は、次の特徴がある。

1. スポーツにおける実践活動に直接寄与する知見を、インターネットによるウェブ上で提供する。
2. スポーツ実践に欠くことのできない画像データ(動画を含む)を掲載する。
3. 自然科学的な手法や社会科学的な手法など、従来の親科学の方法論に限定されない。
4. 対象者の人数とそれに伴う統計学的な手法の有無に限定されない。
5. スポーツにおける専門性を考慮し、一般的に現場で利用されている考え方や用語を用いて論理を展開する。
6. 実践に生きる専門家が共有できる実践知や身体知を創造し、蓄積していく。

Objectives of the Research Journal of Sports Performance
Tetsuo Fukunaga
National Institute of Fitness and Sports in Kanoya

The goals of physical education and sports science
Having a body that can act physically is the base for maintaining a healthy and cultured daily life. Physical education and sports science are dedicated to the development of people who can act physically and can contribute to the acquisition of a healthy and cultured society.

Objectives of this Journal
The Research Journal of Sports Performance deals with practical examples in the fields of game, health, and educational sports, aiming to establish and develop educational and academic values in the practice of sports and in sport-related education.

Significance of this Publication
We believe that by cross-linking sports performance research with research in the natural and social sciences, the accumulation and systematization of papers describing the experiences of leaders, coaches, and practitioners involved in physical education and sports will contribute to the development of people who can act physically.

Significance

Background of this Publication
In modern society, sports, covering a wide range of activities, including physical exertion, exercise, gymnastics, dance, training, and the martial arts, are a basic requirement for ensuring a healthy and cultured human life. Sports can be categorized in terms of the participants' motives and purpose, and are generally classified as game sports, healthful sports, and cultural sports. Sports exist as an essential aspect of culture in modern society.
Responding to this, sports-related education and ideas have been tried, but the extent and limits of the field are not clear. One reason is that there is no research journal that specializes in these activities, as a consequence of which, valuable past experiences and lessons from failures are not passed on to other people.
Even though the same sporting activity may be prescribed, the results may differ greatly depending on the participants' ability, capability, and lifestyle, as well as on factors in the environment, such as the sports training environment and the teaching conditions. As a consequence, sports have been shown to have various effects on the human body.
In the medical field, many research papers that have been presented describe clinical cases; these have contributed to the advance of medical science. In the sports research area, there is a strong need for a research society to deal with practical cases in the fields of game, health, and education-related sports. This, then, is the purpose of establishing a research society devoted to sports performance.
If sports leaders, coaches, and practitioners publish their experiences and the results are accumulated and systematized, it will become possible to link them with the results of research in the natural and social sciences. As a consequence, we believe that these publications will contribute to the creation of truly healthy bodies and the development of bodies that can act physically in daily life. Furthermore, sports science can contribute to enhancing the power of games.

Features of the web journal Research Journal of Sports Performance
The Research Journal of Sports Performance, published by Research Society of Sports Performance, has the following features:

  1. In its website on the Internet, it presents findings that may contribute directly to hands-on activities in sports.
  2. It provides images (including videos) that are essential for sports training.
  3. It is not constrained by the conventional methodologies of the natural and social sciences.
  4. It is not constrained by restrictions relating to the number of participants or by the necessity of statistical analyses.
  5. It develops its logic by using ideas and terms generally used by experts in sports.
  6. It creates and accumulates practical wisdom and the wisdom of the body that the specialists who are actively involved in practice can share.

Home  |  お問合せ  |  リンク  |  ポスター Copyright © 2009 RJSP All Rights Reserved.
協賛企業
バナー広告募集

website
Anet
第3回 日本スポーツパフォーマンス学会大会
2017年7月25日 東京ビッグサイト

(click to enlarge)
入会